りぞねこの子連れ旅行記

モルディブ大好き、リゾート大好きな管理人・りぞねこの子連れ旅行記やリゾート情報など。現在移転作業と記事更新を同時進行中。

2022年12月岐阜旅行1日目:新幹線と特急で高山へ

1日目:新幹線と特急で高山へ

新幹線は約10分の遅延

1日目は午後からの出発です。まずは新大阪から名古屋まで、新幹線で移動。

この日は山陽新幹線内の強風や積雪の影響で約10分の遅延が発生していました。名古屋での乗り換えは余裕を見て30分ほど取っていたのですが、間に合うか心配に…。

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ

飛行機は今までに何度も乗っていますが、新幹線は初めての子供たち。「早いし揺れない!」と感激した様子でした。

名古屋から特急ひだに乗り換え

名古屋で降りて駅弁を購入し、急いで特急ひだに乗り換えます。新幹線の遅延で乗り換え時間が短くなったのでヒヤヒヤしましたが、間に合ってよかった~。

名古屋は晴天。ただ、特急ひだは名古屋=岐阜間は座席が後ろ向きになっているので、ちょっと気持ち悪くなりました…。

電車内でゲームをする子供たち。

岐阜駅に到着。岐阜駅から先は途中まで戻るような形で進みます。なので、岐阜駅以降は座席の向きは前向きになりました。

夕景。

この線路は単線なので、特急と言えどすれ違いのための停車がちょくちょく入ります。 乗ってる間、停まって待っている時間が長いのは田舎電車あるあるですね~。

途中の下呂駅でたくさんの人が降りていきました。中にはチェジュ航空のフライトタグがついたスーツケースを持った方も。インバウンドは確実に回復しているんだな~と、今回の旅行中に感じることが多くありました。

さて、そろそろ夕食。名古屋駅で購入した駅弁をいただきました。

娘はウナギが大好き。

と言いつつ、私も同じもの。
たびのホテル飛騨高山へ

特急ひだは終点である高山駅に到着。

1泊目のホテル、たびのホテル飛騨高山へ向かいます。ホテルは駅から少し離れているので、駅前からシャトルバスが出ています。バスは予約制なので、事前にメールで予約していました。

この時間のバスに乗るのは我が家だけだったようで、バスは私たちを乗せた後すぐに出発。

10分程でしょうか、たびのホテル飛騨高山に到着しました~。

フロント横にはクリスマスツリー。

フロントでチェックイン。全国旅行支援を利用したので、ぎふ旅コインのクーポンもいただけました。

このホテルはおそらくビジネスホテルのカテゴリだと思いますが、木をふんだんに使ったインテリアで落ち着いた雰囲気です。

チェックインが終わると、お部屋へ。

館内図を見ると、レストランやフロントのすぐ隣にもお部屋があることが分かります。

レストラン・フロントから客室への廊下に仕切りや扉などはなく、お部屋の防音性はあまりないので、フロント近くのお部屋だと騒音が気になるかも知れません。

私たちはC107、一番端のお部屋でした。

ファミリーツイン

今回予約したお部屋はファミリーツイン。4名まで宿泊できるお部屋です。

このホテルには4名で泊まれるお部屋は、この1室だけ。1室しかないのに、直前で取れたのはラッキーでした。

ツインベッド。

ツインベッドの下にお布団があって、こちらを出して4名が寝られるようになっています。

椅子、テーブル、テレビなど。

洗面台は狭いですが、バス・トイレ別でそれぞれ新しく清潔なのは良いですね~。私たちは大浴場へ行ったので、こちらのお風呂は使いませんでした。

歯ブラシなどは大人用の大きさなので、子供たちは持参したものを使いました。

直前でよく調べもせずに取ったお部屋でしたが、意外に快適でした。

ただ、こちらのエアコンはビルトインタイプではなく家庭用によくある取付式で…。エアコンの温風がお部屋のドア付近にダイレクトに当たるようになっているのでドア付近が暑い&反対に窓側の床付近はとても寒い。窓側ベッド下にあるお布団がものすごく冷たい。。。この点はちょっと困りました。

お部屋のチェックを終えたら、ちょっとコンビニへお出かけ。ホテル目の前にコンビニがあるので、食後のデザートを買いに行きます。

この時ちょうど、ドイツからの団体さんがチェックイン手続き中でした。翌朝の朝食レストランではドイツ語が飛び交う状況に…。

コンビニ側から見たホテル。

ホテルの向かい側にコンビニがあります。上の写真で分かるかと思うのですが、この時はまったく雪は積もっていませんでした。

「今年は雪が全然ないね~。クリスマス寒波が来るっていうけど、本当かな?」なんて話していたほど。一夜明けると風景が激変しているなんて、この時は予想もしていませんでした…。

大浴場

お部屋で子供たちはコンビニケーキを食べて。

歯磨きをしたら、大浴場へ向かいます。大浴場の営業時間はは05:00-09:00/15:00-24:00となっていました。

大浴場前には冷たいお茶のサービス。自分のスリッパが分かるように挟んでおくクリップも置いてありました。

休憩所。

自販機。

大浴場はそれほど広くありません。露天風呂もありますが、外から見えないよう壁に囲まれているので解放感はないなぁ、と感じました。ただ、そばを流れている川の音に癒されながら、長旅の疲れを取ることができました。

これで1日目は終了です。明日は奥飛騨への移動です!

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ