りぞねこの子連れ旅行記

モルディブ大好き、リゾート大好きな管理人・りぞねこの子連れ旅行記やリゾート情報など。現在移転作業と記事更新を同時進行中。

レビュー:日本の宿ひだ高山 倭乃里(岐阜県高山市)

自然と美味しい料理が楽しめる宿

この記事では、子連れ旅行という観点から日本の宿ひだ高山 倭乃里のレビューをしていきます。 (特に記載のない場合、2021年7月時点の情報になります。)

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ

基本情報

公式サイト:http://www.wanosato.com/

じゃらん日本の宿ひだ高山 倭乃里

場所:Google Maps

行き方:JR高山駅から車で約20分

飛騨の山麓を借景にした15,000坪もの大自然に、わずか8室のみの贅沢な宿。囲炉裏が燃え水車が回る、昔ながら世界を楽しめる。

f:id:resoneko:20210826085529j:plain

良い点

・自然が豊富

まさに「自然の中にお邪魔している」くらいに自然が豊富です。川の流れや虫の音など、自然の音を間近に感じられます。

・客室数が少ない

全8室のみなので、混雑とは無縁です。そのうち4室が離れで、離れに宿泊すればさらにプライベート感は高いでしょう。

・お料理が美味しい

こだわりを感じられるお料理で、見た目も味も満足できます。土鍋で炊いたご飯は子供が感動していました。

・昔ながらの雰囲気を楽しめる

本館には囲炉裏があり、お部屋は合掌造りの離れや160年前の古民家など個性的。昔ながらの雰囲気を感じられます。昔ながらの建物ですが、快適に過ごせるよう様々な工夫がされているので不便は感じません。

・駅からの送迎サービスあり

予約が必要ですが、JR高山駅から送迎サービスがあります。公共交通機関利用でも不便に感じることはないでしょう。

f:id:resoneko:20210823111851j:plain

良くない点

・子供NGのお部屋あり

本館のお部屋4室のうち、「一の宮」以外の3室は小学生以下の子供は宿泊できません。 子供がいる場合は本館の「一の宮」か離れのお部屋を予約する必要があります。

・夏はお部屋に虫が入ることも

自然に囲まれているため当然といえば当然ですが、周囲に虫も多いです。特に離れのお部屋では、玄関を開けて入った際に虫も一緒に入ってくることもあります。我が家はあまり気にしませんでしたが、虫が苦手な人にはツライと思います。

・離れだと移動の手間がある

離れのお部屋は本館と廊下等でつながっておらず、食事や大浴場へ行く際には一度外へ出て移動する必要があります。階段もあるので、雨や雪の日は子連れだと特に大変かも知れません。

・子供のパジャマ等は持参したほうが良い

子供用の浴衣は用意されていましたが、サイズは限られているようです。 また子供用の甚平・作務衣の用意はなかったため、子供用のパジャマを持参すると良いです。

・貸切風呂はなし

大浴場はありますが貸切風呂はありません。(期間限定で大浴場を貸切風呂として運用していることがあります。)お部屋のお風呂は総檜風呂ですが、温泉ではありません。温泉を重視する人には物足りないかも知れません。

また、温泉の温度が熱めなので、子供には向かないと感じます。

・温泉街のような活気はない

大自然の中にある宿なので、温泉街のような活気はありません。周辺にお店はないので、必要なものがあれば前もって購入しておく必要があります。

f:id:resoneko:20210826090315j:plain

個人的評価

ロケーション:9/10

ホテル全体のデザイン:9/10

温泉:7/10

部屋:9/10

食事:10/10

朝食:10/10

スパ:評価なし

サービス:9/10

コスパ:8/10

総合評価:8.9/10 - とても良い

お料理重視で、子供に自然と触れ合わせたい!という場合におすすめです。

f:id:resoneko:20210823111119j:plain

ベストシーズン

飛騨高山は四季折々の良さがあります。桜(4月中旬頃)、紅葉(10月下旬~11月上旬)、雪の時期などそれぞれに楽しみがあります。今回の滞在は夏でしたが、昼間は暑いものの朝晩は涼しく、意外と温泉も楽しめると感じました。

関連する旅行記

resoneko.hatenablog.com

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ