りぞねこの子連れ旅行記

モルディブ大好き、リゾート大好きな管理人・りぞねこの子連れ旅行記やリゾート情報など。現在移転作業と記事更新を同時進行中。

2021年7月岐阜旅行2日目③:倭乃里の大浴場と夕食

2日目②:倭乃里の大浴場と夕食

大浴場へ

お部屋のチェックを終えたら、大浴場へ行きます。

大人は浴衣に着替えます。子供用の浴衣もありましたが、我が家の子供たちには微妙にサイズが合わなかったので、 子供たちは滞在中は洋服もしくは持参したパジャマで過ごしてました。

f:id:resoneko:20210823111119j:plain

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ

f:id:resoneko:20210823111133j:plain

f:id:resoneko:20210823111142j:plain

倭乃里の温泉は、2010年に「飛騨位山温泉」として認可された、比較的新しい温泉です。この時期、時間帯によっては大浴場を貸切風呂として利用すると案内があったのですが、 私たちの滞在時は貸切風呂としては運用されていませんでした。

倭乃里の大浴場には岩風呂と檜風呂がありますが、午後は岩風呂が男性用、檜風呂が女性用となっています。

f:id:resoneko:20210823111214j:plain

囲炉裏の準備をしているようです。

本館から靴を脱いで、中に入ります。

f:id:resoneko:20210823111231j:plain

中の通路はとても風情がありますが、その分暗めなので注意が必要です。

階段を下りて地下の大浴場へ。他のゲストがいなかったので、少し写真を撮らせていただきました。

f:id:resoneko:20210823111250j:plain

f:id:resoneko:20210823111306j:plain

檜風呂。

檜風呂の隣は一面のガラス窓。ここからも宮川が見えて、とても癒されます。ただ、お湯は熱めです。うちの子供には熱すぎたようで、なかなか入れませんでした。

お風呂から上がると、囲炉裏に火が入れられていました。

f:id:resoneko:20210823111328j:plain

f:id:resoneko:20210823111346j:plain

お部屋へ戻る最中も、虫などを見つける娘。

森の中なのは1泊目のかつら木の郷も同じはずなのですが、ここはより自然に近い感じがします。ひぐらしの鳴き声がとても近くで聞こえました。

倭乃里の夕食

お部屋でゆっくりと過ごしたら、夕食の時間。再び本館へ向かいます。

倭乃里の夕食は、17:00~19:00の間で開始時間が選べます。私たちは17:30開始でお願いしていました。

f:id:resoneko:20210823111422j:plain

f:id:resoneko:20210823111446j:plain

囲炉裏では鮎が焼かれていました。

スタッフさんに案内されてお食事処へ。掘りごたつの個室に案内されました。

f:id:resoneko:20210823111503j:plain

ぶれていてスミマセン。

f:id:resoneko:20210823111623j:plain

屋根裏のような雰囲気で素敵。ただ、一部天井が低いので注意が必要です。私は一度頭を打ちました。笑

f:id:resoneko:20210823111706j:plain

娘は大人に準じた食事ではなく、子供用の食事でお願いしました。 大好きなお寿司・お刺身があって大喜び。

f:id:resoneko:20210823111730j:plain

ただ、一部大人と同じメニューのものは食べにくかったようです。

ここからは大人の食事が続きます…。

f:id:resoneko:20210823111754j:plain

メニュー。

f:id:resoneko:20210823111816j:plain

スパークリング日本酒。

f:id:resoneko:20210823111834j:plain

先付。

f:id:resoneko:20210823111851j:plain

前菜。

f:id:resoneko:20210823111908j:plain

吸物。

吸物にイチジク!?と思いましたが、意外や意外、とても美味しかったです。

f:id:resoneko:20210823111928j:plain

造里。

造里にはワサビも。このワサビが本当に美味しかった!

f:id:resoneko:20210823111948j:plain

f:id:resoneko:20210823112005j:plain

煮物。

煮物の器になっている冬瓜は、皮のギリギリまで掬って食べられました。

f:id:resoneko:20210823112022j:plain

飛騨牛は子供の分もありました。娘、普段はこういったお肉はまったく食べないのに、めずらしく「美味しい!」と言って食べてました。

f:id:resoneko:20210823112046j:plain

確かに、かつら木の郷で食べた飛騨牛と比べると、口の中でとろけやすく、食べやすい印象でした。もちろん美味しい!

f:id:resoneko:20210823112106j:plain

焼き物

f:id:resoneko:20210823112126j:plain

酢の物

f:id:resoneko:20210823112145j:plain

留椀。

f:id:resoneko:20210823112201j:plain

香の物。

留椀は冷や汁でした。温かいご飯に冷たい汁をかけていただきます。が、正直に言うとご飯そのものが美味しい!ご飯だけで食べたい!…ということで、私は半分をご飯そのまま、もう半分を冷や汁にしていただきました。

f:id:resoneko:20210823112224j:plain

デザート。

デザートはトマトのレアチーズケーキ。「チーズケーキにトマト???」と思いましたが、トマトとは思えないくらい甘くて、とても美味しかったです。

チェックイン時の「ここはお料理が美味しいに違いない!」という確信は間違っていませんでした!

大満足の夕食を終え、お部屋へ戻ります。

f:id:resoneko:20210823112257j:plain

f:id:resoneko:20210823112305j:plain

お部屋へ戻ると、お布団が敷かれていました。それだけでなく、夜食用のおにぎりも!

f:id:resoneko:20210823112325j:plain

私は食べられなかったのですが、食べた相方によると美味しかったそうです。

子供たちは歯磨きをして就寝。私もほぼ子供と同時に寝てしまいました。これで2日目は終了です。

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ