りぞねこの子連れ旅行記

モルディブ大好き、リゾート大好きな管理人・りぞねこの子連れ旅行記やリゾート情報など。現在移転作業と記事更新を同時進行中。

2021年7月岐阜旅行2日目②:倭乃里にチェックイン

2日目②:倭乃里にチェックイン

平湯大滝

かつら木の郷をチェックアウトした後、平湯温泉にある平湯大滝を見に行くことにしました。

f:id:resoneko:20210821111100j:plain

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ

私たちはちょっと離れた駐車場に車を停めて歩いて行きましたが、平湯大滝のすぐ側にも駐車場があります。だんだん気温が上がってきて歩くのが大変だったので、近くの駐車場に停めれば良かったなぁ…と後悔。

f:id:resoneko:20210821111127j:plain

てくてく歩くこと10分ほど。平湯大滝に到着しました。

f:id:resoneko:20210821111147j:plain

平湯大滝前の駐車場

f:id:resoneko:20210821111208j:plain

f:id:resoneko:20210821111218j:plain

本来であれば滝の近くまで行けるのですが、私たちの行ったときは立ち入り禁止になっていて、ここから先に行くことはできませんでした。

f:id:resoneko:20210821111237j:plain

平湯大滝へ行った後は、お昼ご飯の時間なのですがあまりお腹が空いていません…。平湯大滝から158号線で高山市街地に向かう途中、ドライブインに併設されたコンビニでいくつか購入し、軽いお昼ご飯にしました。

その後、今日宿泊するお宿のある飛騨一之宮へ向かいます。チェックインまで少々時間があったので、近くにある「モンデウス飛騨位山」へ行こうとしたのですが…ここで息子がまさかの寝落ち。

山道をひたすらドライブしてチェックイン時間になったので、本日のお宿日本の宿ひだ高山 倭乃里へ行きました。

倭乃里へチェックイン

倭乃里の駐車場に着くと、ちょうど息子が起床。すぐにスタッフさんも来てくださり、荷物を持っていただき中へ案内されました。

f:id:resoneko:20210821111340j:plain

本館の玄関。

f:id:resoneko:20210821111357j:plain

f:id:resoneko:20210821111413j:plain

フロント(翌日に撮ったものです。)

こちらで検温・手指の消毒をしてチェックイン手続きをします。かつら木の郷と同様、囲炉裏のところでお茶とお菓子をいただきました。

f:id:resoneko:20210821111437j:plain

f:id:resoneko:20210821111446j:plain

いただいたお菓子がとても美味しい!この時、「ここはお料理が美味しいに違いない!」と確信しました。

お部屋へ

チェックイン手続きを終えたら、お部屋へ案内していただきます。

倭乃里の客室は、本館のお部屋と離れのお部屋がありますが、今回予約したお部屋は離れのお部屋です。一度本館から外へ出て、森の中を歩いて行きます。

f:id:resoneko:20210821111520j:plain

これは翌日に撮ったものです。

離れのお部屋は4室ありますが、私たちのお部屋は「苅安」。白川郷と同じ合掌造りのお部屋です。

f:id:resoneko:20210821111547j:plain

これは翌日に撮ったお部屋の外観。

まるで昔話に出てきそうな外観です。

f:id:resoneko:20210821111608j:plain

玄関。

入るとまずはリビングがあります。

f:id:resoneko:20210821111628j:plain

f:id:resoneko:20210821111648j:plain

天井が高い!

f:id:resoneko:20210821111705j:plain

f:id:resoneko:20210821111716j:plain

コーヒー、紅茶、冷蔵庫に入っている冷水は無料でいただけます。

f:id:resoneko:20210821111738j:plain

f:id:resoneko:20210821111746j:plain

リビングにある大きなガラス窓からは、そばを流れる宮川が見えます。

f:id:resoneko:20210821111804j:plain

ダイソンの扇風機も置いてあり、とても快適。滞在中はここにいることが多かったです。

リビングの隣には和室があります。こちらにはセーフティボックスもありました。

f:id:resoneko:20210821111823j:plain

和室の隣には、オンドル室があります。合掌造りは天井が高いため、冬でも空気を汚さずにお部屋を暖めることができよう、この「オンドル部屋」を設けているそうです。

f:id:resoneko:20210821111843j:plain

リビングの隣には洗面所とトイレ・バスルームが。

f:id:resoneko:20210821111901j:plain

f:id:resoneko:20210821111912j:plain

お風呂は温泉ではありませんが、総檜風呂です。見た目とは違い(?)自動給湯もできますし、外の景色も眺められるので、こちらのお風呂もなかなか良かったです。

昔話に出てきそうなお部屋ですが、意外と快適に過ごせます。何よりもお部屋全体が広く、とても贅沢だと感じました。

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ