りぞねこの子連れ旅行記

モルディブ大好き、リゾート大好きな管理人・りぞねこの子連れ旅行記やリゾート情報など。現在移転作業と記事更新を同時進行中。

2022年10月京都旅行1日目①:ホテル ザ セレスティン京都祇園

1日目①:ホテル ザ セレスティン京都祇園

1カ月ぶりの京都へ

9月にROKU KYOTOへ行ったばかりですが、わずか1か月後にまた京都へ。 ただ、ROKUは鷹峯、今回は東山と二条付近なので、京都の中でも雰囲気はかなり違います。

車を走らせ1泊目のホテル ザ セレスティン京都祇園に到着。

こちらのホテルは専用駐車場があるので、一度ホテルの前に車を停めて荷物を降ろした後、駐車場に車を停めに行きました。駐車場はホテル目の前で分かりやすかったです。

ホテルの外観(夜に撮ったものです)

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ

チェックイン

ホテルの入り口は1階ですが、フロントは地下1階(ロビー階)になります。チェックインの時間帯は常にホテル入り口にスタッフさんがいて、フロントまで丁寧に案内していただけました。

上の写真にある階段を下りて行ってもいいし、エレベーターも利用できます。

フロントは吹き抜けになっていて解放感があります。東山地区で周りには建物が多いのですが、フロントから見えるちょっとしたお庭に癒されます。

チェックインはこちらのフロントで椅子に座りながら行います。

全国旅行支援が始まったからか、チェックイン時はとても混雑していて、到着からチェックイン終了まで時間がかかりました。京都はこれからトップシーズンへ、しかも全国旅行支援があるので、今後もしばらく混雑が続くのでしょうね~。時間はかかったものの、座って待つことができたので苦痛ではありませんでした。

スーペリアツイン

チェックイン手続きが終わると、お部屋へ。

今回のお部屋はスーペリアツイン、2階のお部屋をアサインされました。フロントから客室エリアに行くには、お部屋のカードキーが必要になります。

エレベーターホールから見える中庭。

こちらはお部屋の玄関で靴を脱ぐスタイル。お部屋の広さは30平米。白を基調としていて清潔感のある内装です。

お部屋の鍵と、子供用アメニティ。

洗面台とミニバーが続いていて一体化。面白い配置ですね~。

バスルームエリアとお部屋は、扉を閉めれば独立させられるので不便には感じません。

茶器。

お水は大人分のみ、ネスプレッソあり。

一見分かりにくいのですが、このネスプレッソの上は棚になっていて、グラスやカップが入っています。

コーヒー紅茶など。

冷蔵庫には飲み物がいくつか入っていますが、それなりに空きがあるので持参したものも冷やせます。

ミニバー料金表。

ミニバーの横にはクローゼットがあります。こちらに、大浴場へ行く時に着る浴衣やかごバッグがありました。

クローゼットは小さいので、長期滞在には不便かと思います。パジャマは部屋に置いてありませんが、リクエスト対応だそうです。

ベッドルームからバスルーム側を見る。

上の写真、お風呂の隣に細~いクローゼットがあるのですが、こちらの下部に大浴場へ行く時のスリッパが入っていました。

浴衣やかごバッグとは違う場所にあるので、ちょっと分かりにくいですね(汗)。子供分の浴衣やスリッパは部屋にありませんでした。持参のパジャマを使用したので、あるのかは確認していません。

お風呂。

トイレ。

アメニティなど。

お風呂もトイレも新しくて綺麗。我が家は大浴場を利用したので、こちらのお風呂は使用しませんでした。

避難経路図。

こちらのお部屋は東側。低層階だったので、目の前の道を歩く人が間近に見えてしまうため、常にレースカーテンを閉めていました。我が家は夕方にチェックインして、翌朝早めにチェックアウトしたので、あまり窓の外を眺める時間もなかったのですが(汗)。窓からの眺めは少しでも良いほうが…という場合は高層階側をリクエストするといいかなと思いました。

上のお菓子は一休.comダイヤモンド会員特典でいただいたもの。辛いピーナッツでお酒に合いそうな味でした。

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ